龍体文字について

龍体文字」について

日本には神代文字といって、神様の時代に使われていたとされる文字が、30種類ほどあります。「カタカムナ文字」「ホツマ文字」「アキル文字」など。

その中で最も古いとされているのが、この「龍体文字」と言われています。今から、約5600年程前に作られてとされています。

 

当時の巫女たちが自動書記で神様の言葉を描き下ろし、それを神社で保管されて後世に伝えられてきたのでしょう。

 

この「龍体文字」は伊勢神宮に保存されていたものを、書道家の安藤妍雪先生が昭和天皇と面談した時に、記録するように託されたのだそうです。それを、30年間大切に保管していたところ、ある時、龍神様と繋がり、お許しが出たので公開したといいます。

 

数十種類ある神代文字の中でも、この「龍体文字」はひときわ強いパワーがあるようです。

願い事がかなった、痛みが取れた、など不思議な効果があまた記録されています。

 

レーシュではその、龍体文字で、あなたのお名前を書き、あなたの願い事を書くことで、榴雷文字のパワーを最大限に発揮できるあなただけの強力な「護符」をお作りして、お渡ししております。