アフロディーテ Aphrodite

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アセンデットマスター4人目は、

 女神『アフロディーテ』

 

 ギリシャ神話の愛と美の女神です。

 

アフロディーテは愛と美、そして情熱の女神で、金星と深く

かかわっています。その名には「水から生まれた」、

「泡から生まれた」という意味が有ります。実は…この女神、

父である”天空の神 ウラヌス”が妻である”大地の女神 ガイ

ア”の怒りを買い、その怒りを受けて、息子であるクロノスに

より、切り落とされた”男根”が海に落ち、その血泡の中から

生まれ出たと言われています。


中々生々しいですよねぇ…(^▽^;) 

しかし、あまりの美しさゆえに、彼女が歩いた大地から、

美しい”バラの花”が生まれたのです。


彼女の力は”性的魅力”。どんな男性も虜にしてしまう。

絶世の美少年であるアドニスや、逞しい戦いの神アレス

などと多くの神々と関係を持ったので、「情愛と性愛の女神」

とされています。アフロディーテ・ウラニアという名前は、

ソウルメイトに対する献身と精神性に基づいた関係を示すもの。


一方、アフロディーテ・パンデモスという名前は、純粋な行く

欲だけを表します。アフロディーテは多くの子供をもうけまし

たが、その一人がキューピットと呼ばれている、愛の矢を操る

エロスです。

 


 

『私は情熱と理解に基づく、長きにわたる男女の絆を求め

ます。情熱と理解。どちらがかけても意味がない関係に

なってしまいます。一方は生命と肉体を絡め合うためのも

の。もう一方は、会話と討議に不可欠です。


じっとして動かないままだるとしても、愛する人々は色々

な形で重なり合っているものです。あなたが欲している事、

欲しいものを理解してくれる人こそが、素晴らしいパート

ナーなのです。


心に情熱を宿している人は、キズや痛みを癒す力を秘めて

います。こうした力を秘めた人は、自ら進んでパートナー

を癒そうとするでしょう。そして理解が深まります。


愛情を長続きさせるためには、お互いに対する思いやりを

忘れず、二人で情熱と理解を追い求めなければなりません。』



 

<守護分野>

 結婚 婚約 献身

 女性らしさ 優雅さ

 美しさ

 異性を惹きつける魅力

 性欲と性愛に関する情熱



 

<祈りの言葉>

 

 全てを受け入れられるように、心の準備を整えて下さい。

ロマンティックな音楽を聴いたり、映画を観たりするのが

イイでしょう。ちょっと誘惑的な服を着たり、バラを持つ

のも効果が有ります。

そして自分の心を意識し、次のように唱えて下さい。

 

『アフロディーテ、私はロマンティックな関係に

おいて心身ともに愛される準備ができています


私を邪魔するものがまだ存在するのなら、それら

すべてを排除できるように力を貸してください。

私の体中から光を放ち、偉大なる愛を惹きつける

のを助けて下さい。


私には心身ともに愛される資格が有ります。

私がこの愛を心から享受できるよう助けて下さい。』

 


 

 

 

   (願いを叶える77の扉より)