ガネーシャ Ganesa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アセンデットマスター7人目は、

 『ガネーシャ』

 

 障害を取り除く神です。

 

ガネーシャは像の頭をした神で、助けを求めるもの

は誰でも拒まず、いかなる形であれ障害となってい

るものを取り除いてくれます。

 

ヒンズー教における繁栄と知恵の神であると同時に、

文章を書くことや、芸術的活動も守護します。 

 

ガネーシャが像の頭をしている理由については、様々

な逸話が語り継がれています。

 

おそらくは父親の逆鱗に触れて、頭をもがれてしまった

ガネーシャの為、慌てて近くを探した母親が最初に

みつけたのが像の赤ちゃんで、その頭を息子の体に

据え付けた。という内容の話が一番良く知られています。

 

ヒンズー教では、祈りを捧げると最初に姿を現してくれる

神がガネーシャであるとされています。

何かの儀式を始める前、文章を書く前、どうしてもうまく

活かせたいことを始める前に、ガネーシャに祈りを捧げると

上手くいくでしょう。

 

ガネーシャはとても力が強く、それゆえ、これ以上ないほど

優しく、礼儀正しく、愛すべき神なのです。

行くべき道をはっきりと指示してくれるその姿には、

大天使ミカエルにも通じるものが有ります。

 

ガネーシャは、”障害を取り除く神”と呼ばれることが有ります。

自らが進む方向にある邪魔なものは全て刈り取ってしまうのです。


ガネーシャは祈りを捧げるもののところにすぐに来てくれます。

 

ガネーシャはこういっています。

 

「打破できない障害は存在しません。私の目には何の障害も

映らないのです。これが大切なのです。

あなたが障害だと信じ込んでいるものは、自ら作り出したものに

すぎません。あなたが自分で作り出してしまった障害とは、

先に進むことを恐れる気持ちの象徴です。

思考を未来に向かってなげつけ、恐れの気持ちを外に向かって

吐き出しているのです。

 

あれが起きたらどうしよう。これが起きたら大変だ。

という気持ちがすべて障害となって目の前に立ちふさがり、

現実の障害となって行くのです。


しかし、心配はありません。

あなた自身が作り出したものは、あなた自身の手で消し

去る事が出来るのです。

 

私はいつでも喜んであなたを手伝います。

私が膨れ上がってしまった負の想念を全て壊しましょう。

あなたが思う最悪の事態が現実化してしまっている場合

にも、私を呼んでください。

 

私はどんな場合でもあなたを導き、癒す事が出来るのです。

神と愛への審議をもって、不要な思考を消し去ってあげま

しょう。

本当の意味でのエネルギーとは、全ての幻を追い払い、

負の思考を消し去る力を意味するのです。」

 

<守護分野>

 豊穣

 芸術

 家庭内の協調

 障害の回避と排除

 智慧

 文章を書く


 

 

<祈りの言葉>

  

『愛するガネーシャ、協調と平和の気持ちで、

 私の痛みを和らげてくれてありがとう。

 私の前を歩き、行く手を阻むものをすべて

 取り除いてくれてありがとう。

 私が今日目にするもの全てに、神の祝福を

 見出せますように。ありがとう

 


 

   (願いを叶える77の扉より)